中々更新できず、大変失礼しました。
何度か見てくださったり、メッセージをくださったみなさま本当にごめんなさい。
何とか元気で新しい年を向えました。

みなさまに可愛がって頂いたケイコの愛犬、LACEYが昨年の暮れ、12月14日に天国へ逝ってしまい、私自身、暮れからお正月にかけてとっても落ち込んでしまい、何も手につかない状態でした。
昨年の11月頃から介護生活が始まり、ほとんどつきっきりでスポイトでお水や食事を与えていました。
最後の最後までと~っても頑張って、亡くなる前日まで口から食べてくれました。
1日おきの点滴にも通い、本当に頑張りました
16年と7ヶ月とマルチーズの寿命は10年から16年と言われているのでとても長生きです。
それでも16年間ずっと一緒にいた子が居なくなってしまうのは本当に悲しくて、寂しくて耐え切れない思いでした。
とても可愛くて、私の思いや感情を読み取ってくれているかのようにいつもそばに居て私を支えてくれたレイちゃんでした。
一昨年母を亡くした時も私が寂しく無いように、本人体力がかなり落ちていたのにずっとそばに居てくれました。
お医者さんにも体力に限界が来ていますと昨年の2月ごろから言われていたのですが、それから10ヶ月も頑張ってくれました。
今でも色々と後悔ばかりです。
もう少しこうしてあげれば良かったのでは無いかとか、こうして欲しかったのではいかとか、、、
人によってはもうこんな悲しい思いはしたく無いからもうワンちゃんは飼わないはと言う人が多いのですが。
確かにもうこんなに悲しい思いはしたくないと思いますが、LACEYのように私にたくさんの楽しい思い出と素晴らしい時間をくれたのだからもう飼わないなんて言えないな・・・
これからはもう1匹いるアンジェリーナをレイちゃんと同じ用に大事に大事にしたいと思います。
これから10数年レイちゃんがくれた素敵な時間と思い出のようにアンジェリーナもくれるのでしょう!
レイちゃん、本当にありがとう!