4月3日は私の母の命日でした。
2006年の桜が咲くこの素敵な季節にママは旅たちました。

ママの看病をしに毎日病院で泊り込みしていた病室の窓から見える桜の木、ママのお葬式を行った教会の周りには満開な桜の木。2年も経つ今でも色鮮やかに記憶の中に残っています。

母ひとり、子ひとりで育った私にとってママはとても大きな存在でした。とても厳しい人で何度も反発をしたり、何度もケンカをしたりもしました。しかし、私にとっては母という存在だけでなく、姉妹でもあり、親友でもありました。子どもの頃から亡くなるまでずっと私の話をよく聞いてくれました。子どもの頃から私は1日あったことを初めから最後まで毎晩のようにママに話をしていました。厳しい人ではあったけれども、物わかりの良い母だった気がします。

好きな人が出来るといつも真っ先にママに逢わせました。恋愛中の時ってちゃんと自分では見えていないこともあって、「LOVE IS BLIND」と言いますが、意外と母親の見る目って正しくて当たっていることが多かったと思う。

恋愛だけで無く、色々なところでママの教えが今の私の中にある。子どもの頃は怖いなって思っていた厳しい母でしたが、今は厳しく育ててくれてよかったなと思うこともたくさんあります。

先日、母の命日も近いし、良さそうな本があったからと「親の家を片づけながら」という本を頂きました。原作はリデア・フレムというフランスの精神分析学者が書いた本です。英語訳を探してくれたみたいなんだけど、探せなかったから読めたら日本語訳を読んで、って。こんなに素敵な本に出逢えてとても嬉しいなって思います。

親の死、親と子にしか体験出来ない思いや出来事が適切に書かれています。この本を書いたフレムも一人娘みたいで私が同感出来る思いや体験が書いてある。SPIRITUALな部分も、法律的な部分も私が感じたことがびっしり書いてあります。