Crossroads Guitar Festival 2007

以前、「CROSSROADS GUITAR FESTIVAL 2004」版を紹介しましたが、今度は昨年、2007年版です!
2004年版に続いてとても楽しい音楽DVDです。
タイトルのとおりギターリストがたくさん出演しているフェスですが、ギターリストじゃなくてももちろん楽しめる音楽DVDですよ!

crossroadguitarfest2007

ロック・フェスなんだけど、COUNTRY MUSICとBLUESがかなり強調されたフェスのような気がします。やはり原点なんだよね!

2004年同様、VINCE GILLが私はお気に入り。VINCEは初めはWESTCOASTバンドの「PURE PRAIRIE
LEAGUE」のヴォーカルとギターで私はしりました。その後、以前の記事、「WALK THE
LINE」で紹介しましたが、カントリー歌手のJOHNNY CASHの娘、ROSANNNE
CASHのバック・バンドのギターリストで人気がでました。今ではカントリー界の大スターです。歌も、声も良くて、ギターテクも凄い!おまけに優しそう!

2007年版でもかなりのギターテクを披露していて、そこにALBERT LEEが登場して「COUNTRY
BOY」を演奏している。懐かしい!!!私がカントリーロックバンドを始めた頃、みんな取り上げていた曲だったような!?そこに今度、SHERYL
CROWが登場して「IF IT MAKES YOU HAPPY」を歌って、今度はクラプトンが参加して、二人で「TULSA
TIME」をデュエット。そしたら今度はWILLIE NELSON登場でまた最後にSHERYLが登場してみんなで「ON THE ROAD
AGAIN」を演奏!日本で何度が参加したカントリー・コンサートのようで懐かしかったわぁ~!

この間ずっとVINCE GILLのバンドがメインで演奏!そこにJERRY
DOUGLASは居るし、KEIKOがテネシー州、ナッシュビルでレコーディングした時にスタジオに遊びに来てくれたギターのJEFF
WHITEもVINCEのギターリストなので居ました!なんとも贅沢なコンサートだわね!楽しそう!!!

このほか、JEFF BECKやB.B. KINGほか色々素敵なミュージシャンが出ています。JEFF BECKのベーシストがすご~く若い女の子なんだけど、凄いです!どう見ても10代にしか見えないんだけど、すごいテクニックです!天才なんだろうなぁ~!

おもしろいよ~!このフェス!

Leave a Reply

Your email address will not be published.