出逢いは偶然に見えて、必然!?

いつも本当にラッキーだなと思うことがある。
それは、私にはいつも素敵な出逢いが訪れる
生きているといろいろなことが起こります。
良いことも、悪いことも、哀しいことも、素敵なことも、。。。。。いろいろ。
そんな大切な時にぶつかった時、きっといろんな道が用意されているのだと思う。
そのどの道を選ぶかは自分が決める。
どちらの道を選んでもきっとそこには人との出逢いがある。
私が選んできた道、正しかったか、正しくなかったかは別として、
でも私にとってそこにはいつも素敵な出逢いがありました。
自分で選んだ選択でその後の出逢い、結果、そして歩む道が変わってきます。
初めが肝心。
今回私がこの病気になるまで、私は大の病院嫌いでした。
今まで何度かお医者様との愛称が悪かったり、
お薬アレルギーで怖い思いをしたり・・・・・
研究を重ねてきた結果やデータももちろんとっても大事だと思います。
その研究があったからこそ、私のこの病気に効くお薬が出来たり、
こうして私も話せる様になり、食べられるようになったのですから。
でも、患者もひとり、ひとり心を持っています。
考え方も違う、価値観も違う。
感じる痛みも違う。
お医者様と患者と言っても人と人です。
どんなお仕事でもそうだけど
心が無いと意味が無いと思う。
安心して、信頼が出来ないと治るものも治る気がしません。
今回初めて患者さんの心を大切にしながら治療をしてくれるのだと
思える先生、そして病院に出逢えました。
すっかり病院や先生のイメージが私の中で変わった。
やはり、始めが肝心。
たくさんある病院の中で私はその病院を選択している。
始め、2つの科の選択から私はひとつの科を選んでいる。
その時、違う選択をしていたら全く違うことが起きていたかもしれない。
出逢いで大きくその後が変わってくる。
でも今回私がここの病院を選んだのも数年前から導かれている気がします。
実は2006年に私のママが最後の数ヶ月を過ごした病院なんです。
ママが息を引きとった病院。
始めはそこに私自身入院するとは思わなかった。
3年経った今でもそこの場所へ行くときのうのことのように全てがよみがえる。

なんとも言えない気持ちでした。
ママはその時他の病院心の無い扱いを受け、何度も落ち込んでいた、
心のケアーって患者さんにとってとても大事です。
彼女の残された時間をここでこんな思いをさせられないと思い、
病院を変えました。
それもまたその何年も前からの出逢いによって
あるお医者様をご紹介いただき、そちらにママを入院させることができたのです。
その時出逢ったお医者様や看護師のみなさんがと~っても素敵でした。
ママの気持ち、そして娘である私の気持ちまでも大切にしてくれる方々でした。
ここなら間違え無い!って思った。
今回私の入院中にもママを担当してくださったドクターや看護婦の方々に
私は励まされ、気持ちのサポートをしてもらいました。
そして今回私自身が入院して新たにまた素敵な出逢いがたくさんありました。
その数々な出逢いも始めに出逢った先生がいなかったら出逢えなかった。
そして今、私自身どうなっていたか分からない。
ちゃんと私と向き合ってくれたお医者様、初めてでした。
本当に感謝です。

notebook.jpg

あれだけお薬嫌い、病院嫌いな私が、
今ではお家の中にお薬コーナーや、
自分の Health Record のノートを毎日入院中から付け、
病院へ行くのがウキウキ、わくわくな感じになっていて、
と~ってもメディカルな生活を送っております。
不思議だわぁ~~~~!
素敵な出逢いって偶然のように見えて、
必然なのかもしれませんね。

roseline.gif

Leave a Reply

Your email address will not be published.