Profile

Born February 17, in Yokohama, Japan, Keiko Walker is of Japanese-British descent. She was influenced early in life by her mother’s love of country music and by her uncle, James Walker who was a country music singer and an actor in Japan. Her Grandfather, Hugh Walker was also an actor in Japan.

From an early age, Keiko dreamed of being a country music singer herself. In her teens she was discovered by a Japanese country band, “The Texas Company”, in the mid 1980’s and was asked to join the band.

Her style has developed over the years to include various influences and sounds from country, rock, bluegrass, and folk to Celtic. But no one has been more influential in Keiko’s musical style than Emmylou Harris, who Keiko once traveled across U.S. state lines for all night trying to locate where the singer was performing.

In 1986, Keiko formed her own group, “Keiko Walker & The Hot Street Band”, taking a cue from Emmylou’s former band, “The Hot Band”. “Keiko Walker & The Hot Street Band” have gone on to become one of the most popular country music bands in Japan and perform regularly throughout the country.

Keiko Walker, who performs only in English, has also been a special guest at several large concerts and was invited to perform at a huge, televised rock concert in Sendai, Japan, where they captured the hearts of many young rock fans.

In 1993, Keiko and her band were invited to perform at the Bluegrass Folk Festival held in Guam, which benefited the Guam Symphony Society.

In 1995, Keiko released her first recording, “Red is the Rose”. In the recording, she covers a wide range of songs, from The Carter Family, The Beatles, Ry Cooder to Traditional tunes. All the songs were arranged by Keiko Walker and Walker’s long-time musical partner Noriaki Hayashi, who was the bass player for the Hot Street Band.

In 1997, she released a mini album with three songs. “Love Songs” is a compilation of three ballads including a track written by Sandy Denny called “Take away the load” which is Walker’s favorite tune.

In 1999, Walker released a duet album with singer SHIME titled “Broken Ashes”. Since then, BROKEN ASHES has toured all around Japan until the death of her musical partner and best friend SHIME in 2022. They’ve known each other for 39 years.

Walker’s third solo album “BOTH SIDES NOW” was released in July 2004. Finally, she has released a full solo album after a long time which includes English, Scottish and Irish Traditional tunes as well as songs by her favorite songwriters, Sandy Denny, Stevie Nicks, and Joni Mitchell.

In 2010, Walker released her fourth full solo album “These Boots are Made for Walking”.
A cover album of Country Hits which was originally recorded by Artists Walker had the pleasure of touring with over the past years such as Skeeter Davis, Connie Smith, Ray Price, and James Burton.
She has also included her mother’s favorites who passed away in 2006.
Walker’s longtime friend and the world’s best harmonica player Charlie McCoy joined the recording too.

In 2021, BROKEN ASHES (SHIME & KEIKO WALKER) released a remastered reissue album “BROKEN ASHES Reissue” which includes four unreleased bonus tracks.

The year 2023 would be Walker’s 40th Anniversary Year of her Musical Career, and she plans to have special concerts and live gigs !

Written by :Journalist, MICHELLE MAGEE (1995)
Edited and recent profile added by Keiko Walker in 2022

KEIKO WALKERは日本とイギリスの血を受け、横浜に生まれる。祖父、伯父は日本の映画俳優。
カントリー・ミュージック・シーンで十代から歌い始めていたが、85年にKeiko Walker & The Hot Street Bandを結成し本格的な活動を開始している。その当初、ボーカル・スタイルや選曲から和製エミルー・ハリスの誉れが高く、若手が不毛だった当時の日本のカントリー界において、はつらつとしたカントリー・ロック・スタイルの歌と演奏でたちまち人気者となった。レイ・プライス、チャーリー・マッコイ、ジェームズ・バートンなど本場アメリカのミュージシャンとの共演も果たす。

1993年アルバム「RED IS THE ROSE」でレコードデビュー。現在はKEIKO WALKER BANDを率いてのバンド演奏、もしくは少人数編成でのアコースティックな演奏の二刀流で自身のライブを展開している。そんな彼女のライブにおいて、ここ数年イギリス、アイルランド、スコットランドのトラディショナル・ソングを多く取り上げたり、また従来からのレパートリーにもアレンジ面でそういった音楽のテイストを加えたりするなど、音楽性の変化が感じられていた。

2004年アルバム”BOTH SIDES NOW”をリリース。このアルバムはケイコ・ウォーカーのセカンド・ソロ・アルバムとなる。ファースト・アルバム”RED IS THE ROSE”(93年)以降、ミニ・アルバム”LOVE SONGS”(97年)や、SHIME(シメ)とのユニットBROKEN ASHESでのアルバム”BROKEN ASHES”(99年)をリリースしていたが、ケイコ・ウォーカー名義のフル・アルバムとしては11年ぶりということになる。

このアルバムを一言で表現しようとすると、ブリティッシュもしくはケルティックなフォーク・ロック作品ということになろう。しかしながら、スティーヴィー・ニクスのフリートウッド・マック時代のヒット曲‘RHIANNON’を取り入れるなど、一筋縄でいかない選曲がなされている。またトラディショナル・ソングをロック・ビートに乗せた’MATTY GROVE’は大胆不敵だし、全体的にはアコースティックなアレンジが多いが、静かなグルーブが脈々と息づいている。彼女が自分のルーツに開眼したことで、現在の音楽性を築くことができたと言えるだろう。このアルバムにおいても、フェアポート・コンベンションを連想させるブリティッシュ・フォーク・ロック・サウンドが聴かれるのが興味深い。

”BOTH SIDES NOW”では唯一無二のケイコ・ウォーカー・ワールドが広がっている。それは、音楽性のみならず、言葉やその背景にある精神性までをパーソナルなものとして消化することで成し遂げたものである。タイトル曲はジョニ・ミッチェルの代表的なナンバーのひとつであるが、ケイコ・ウォーカーはBOTH SIDES NOWという言葉に、自分の内側にある「天使」と「魔女」の二面性をかけていると言う。このアルバムを聴き通せば、なるほどと思うだろう。優しさの中に、どこか妖艶な雰囲気と情念が感じられる。それは彼女の歩んできた人生、そして音楽のキャリアの現時点での集大成と言ってよいだろう。もちろん、これからも彼女は成長していくだろうし、もっと変化していくのかもしれない。しかし、”Both Sides Now”には、人間的にも音楽的にも成長したケイコ・ウォーカーの今の姿がある。そこには自信が満ち溢れ、また同時にある種心機一転的な初々しさも感じさせる。色々な意味で興味深い作品となっているのである。このアルバムを一言で表現しようとすると、ブリティッシュもしくはケルティックなフォーク・ロック作品ということになろう。

2012年10月、待望のフル・カントリー・アルバム“These Boots are Made for Walking”が届けられた。
前作”BOTH SIDES NOW”はイギリス人の血が流れる自身の「出生のルーツを振り返る意味合いを持つアルバムであったが、“These Boots are Made for Walking”は「音楽ルーツ」を振り返った物と言える。
幼少時より親しみ、また思い入れいっぱいのフェイヴァリット・ソングをリラックスした歌声と演奏で聴かせてくれる。気心の知れた仲間たちが彼女をサポート。
またかねてより交流のあるハーモニカ・プレイヤー、チャーリー・マッコイも参加。カントリーの本場ナッシュヴィルの重鎮がこのアルバムに馴染んでいるのは、彼女の音楽が世界に通用するレベルであることの証でもあろう。
“These Boots are Made for Walking”はオールド・カントリー・ファンには懐かしく、また近年のオーガニック・ミュージックのファンにも親しみやすい内容だ。ジャンル、世代を超えて、多くの音楽ファンを納得させるだろう。

文:白井英一郎 

(以下は主なTV、ラジオ、雑誌・本などのお仕事を記載。過去のライヴはBIOGRAPHYをご覧ください。)

1985
1988

1991
1992


1993



1994

1995


1996


1997

1998

1999

2000

2002






2003


2004



2005

2006

2007




2009

2010

2012




2013

2014
2017




2021

2022

・KEIKO WALKER & THE HOT STREET BANDを結成!
・「CITIZENクラブラメールのTV CMにて」グリーンスリーブス』を歌
・「三井ガーデンホテルのTV CM歌う」
・雑誌TOKYO JOURNALーMarch (Pickup記事)
ロックイベントR&R OLYMPICに出演 (NHK衛星放送でオンエアー)
  THE PRIVATES、筋肉少女帯、シーナ&ザ・ロ ケッツ、ニューロティカ、ほか     ・Bluegrass雑誌MOON SHINER(Pickup記事)
・アルバム「Red Is The Rose」をリリース。
・RAY PRICE Concert Tour (Tokyo, Osaka, Okayama, Kyoto)
・アメリカ全国紙、「WALL STREET JOURNAL」(Pickup記事)
・「雑誌レコパル」
・「TOKYO TIME OUT (August)」
・「ラジオ日本」出演
・「京都KBSラジオ」出演
・ GUAM Concert Tour
・「GUAM PACIFIC SUNDAY NEWS」(Pickup記事)
・「PACIFIC DAILY NEWS」(Pickup記事)
・「KISS FM-パーソナリティーカミサミコング」出演
・「CAL MAGAZINE」(記事)
・「JAL 1機内誌ウィンズ」(記事)
・「GIBSON GUITAR BOOK」(特集記事)
・「アサヒグラフ12・19」(記事)
・「Love Song」ミニアルバムリリース
・「NHKときめき夢サウンド」に出演
・「京都KBSラジオ」出演
・ SHIMEとユニットBROKEN ASHESを結成、アルバムBroken Ashesをリリース。
・「NHKシャルル・デュトワの若者に贈る音楽辞典」に出演
・「アコースティックギターブック 10」特集記事
・ ラジオ「KENWOODオーディオ」コマーシャル
・ 横浜プリンスホテルでディナーショー
・「JAMES BURTON TRIBUTE」DR. K PROJECT、小松久、王様、黒澤久雄と共演
・「COUNTRY STAMPEDE 2002」に出演他、宮前ユキ、三田ひろし、エディー村田、       CHARLIE DANIELS BAND、ROSANNE CASH T.G. SHEPHARD出演
・FM横浜「HONEY’S」出演
・JFN23局ネット「南こうせつの週末はログハウスで」にゲスト出演
・FM NACK5にてジングルを歌う
・BS Japan、近藤サトさんの番組「ミッドライフTV」に出演
・BAY FM 「MOZAIC NIGHT」出演(パーソナリティー宮原永海)
・「湯川れい子 PRESENTS JAMES BURTON TRIBUTE」に出演 JAMES BURTON、DR. K、小松久、鈴木孝治、湯川れい子、萩原健太と共演
・ブリティッシュ・フォーク・ロックなソロ・アルバム「Both Sides Now」リリース。 ・MXテレビ「Together Again」ゲスト出演
・かわさきFM「ドレミファあられ」ゲスト出演(パーソナリティー宮下敏子)    ・六本木スイート・ベージルにてアルバム「BOTH SIDES NOW」発売記念コンサート
・宇都宮ケーブルテレビ「ジャズのまちうつのみやアワー」に出演
・コミュニティーFM「TRIP IN THE COUNTRY」パーソナリティーDR. K
・ゲーム・ソフト英語版吹き替え版
・LAZY SUSAN 25th BIRTHDAY PARTYの司会を務める
・FM TOKYOミュージックバード「Afternoon Paradise~ミュージックコスメ~」パーソナリティ:藤田恵美
・「湘南カントリーミュージックナイト公開録音ライブ!!」レディオ湘南
・テレビ東京・BSジャパン「みゅーじん/音遊人」藤田恵美ちゃんがゲストで出演
・ 館林ケーブルテレビ 「ほっとHOTタイム」
・新光証券のTVコマーシャル・ソング
・4月より難病を患い活動を休止する。
・FM世田谷83.4MHz(エフエムせたがや)「LUTILE’S NIGHT CAFE」
・KEIKO WALKER 復帰コンサートat SWEET BASIL六本木(SHIME、吉田栄作、五十嵐公太、藤田恵美、Rainey’s Band、長岡亮介、ほか
・Country Album「These Boots Are Made For Walking」をリリース。
・J-COM TV横浜 (11CH)「夕なび 湘南~横浜」出演
・FM世田谷 83.4MH ArisaのSmiling Thursday出演
・「YOKOHAMA SUMMER ROCK FES. Revolution Rocks 2012」 出演 Char (チャー) / TENSAW / 子供ばんど ほか
・Yokohama Summer Rock Fest. / Revolution Rocks 2013 出演 :Ra:IN (PATA,michiaki,Tetsu)、VooDoo Hawaiians (中山加奈子),ほか
・かわさきFM・ラジオ出演
ラジオ日本『加藤裕介の横浜ポップJ』出演
かわさきFM、金尾よしろうの「音楽魂」生出演
生出演!Radio Shonan 「Groove E Motion」FM83.1 Personality:Naoki Osada     ・Beauties of Rock Affairs (三軒茶屋) 中山加奈子 ex. Princess Princess, 藤原美穂     ・”The Alan Merrill Extravaganza’s tribute to Monsieur, playing the songs of Vodka Collins”
ラジオ日本『加藤裕介の横浜ポップJ』出演
・アルバム「BROKEN ASHES Reissue」リリース
・4月には、3月に亡くなったBROKEN ASHESの相棒、SHIMEの為に企画・開催を行った「Rock Aid for SHIME」。二人の共通の仲間、TOLL YAGAMI (BUCK TICK)、金山一彦、原田喧太、高橋和也(男闘呼組)、前田耕陽(男闘呼組)、藤田恵美(Le Couple)ほかと共に配信ライヴが行われた。
・5月高橋和也(男闘呼組)とDuoライヴ
・8月 高橋和也(男闘呼組)写真集にKeiko Walkerの写真も載せていただいています。

   

今までにレコーディングに参加、ライヴ共演を行ってきた主なアーティスト:

SHIME、Charlie McCoy、James Burton、Connie Smith、Skeeter Davis、Ray Price、
Alan Merrill, 高橋和也(男闘呼組)、Jeannie Seely、The Jordanairs、George Hamilton IV & V、
ジミー時田、中山加奈子(Princess Princess)、富岡Grico義広(TENSAW)、MICHIAKI(TENSAW, Ra:IN)、
DIE(HIDE & Spreadbeaver)、Mickey Curtis、マイク眞木、藤田恵美(Le Couple)、Tennessee Five、
Kaz南澤、黒田美治、Kenneth Andrew、徳武弘文

マルチーズを飼う愛犬家としても知られている。

WEBSITE: https://keikowalker.com

🌸BIRTHDAY  2月17日 FEBRUARY 17th
🌸HOROSCOPE みずがめ座 AQUARIUS
🌸BLOOD TYPE A型
🌸BORN 横浜 YOKOHAMA
🌸HOBBIE 読書、紅茶を飲むこと、素敵なティーショップでぼーっとする、愛犬たちとドライヴ
🌸FAVORITE ARTISTS Stevie Nicks, Led Zeppelin, Lynyrd Skynyrd, Joni Mitchell, Emmylou Harris
🌸PET わんちゃん☆ANGELINA & ANNABELLE(マルチーズ)
🌸FAVORITES 天使、妖精、INDIAN JEWELRY、アンティーク、ティーカップ, Harley Davidson(乗れません💦)、Scone、バラ, Mercedes Benz

Scent
Drink
Food
Music
Song
Color
Female Singer

Male Singer
Band
Musician
Songwriter
Animal
Movie Star
Movie


TV Show

Author
Pastime

Sound
Flowers

Dislikes

Wild Orchid by Woods of Windsor, Spring(春)
Teas, Root Beer, Cherry Coke, Coca-Cola, Wilkinson Ginger-Ale, Bailey’s
Scones, Japanese Food(日本料理), Creme Brule, かっぱ巻き, Cheese Cake
Rock, Country-Rock, British Traditional Rock, Celtic, Country, Southern-Rock
A Case of You, Freebird, Pachelbel’s Canon
Victorian Pink, Ivory
Stevie Nicks, Emmylou Harris, Joni Mitchell, Sheryl Crow, Maddy Prior, Sandy Denny, Filippa Jordano, Emma Kirkby
J.D. Souther, Brian Adams, Steven Tyler
Lynyrd Skynyrd, Aerosmith, ZZ Top
Joe Perry, James Burton, Russ Kunkel, Jim Keltner, Keith Knudsen
Joni Mitchell, Bruce Springsteen, Sandy Denny
Dogs!(ワンちゃん), Horses(馬)
Jeremy Brett, Helena Bonham Carter, Emanuelle Beart, Emma Thompson
Little Women (’49), Wuthering Heights, Howard’s End,
The End of the Affair, Wings of the Dove, Mrs. Dalloway,
Love Actually, A Room with a View
BBC’s Sherlock Holmes & Miss Marple, Sex & the City
The Road to Avonlea, Downton Abbey, The Crown
Jane Austen, The Brontes, Edith Wharton
Reading(読書), Driving(ドライヴ), Watching Movies (映画を見る),
Drinking Tea(ティーショップで紅茶を飲み、ボーっとすること)
Sound of Water(水の流れる音・・・川など)
Rose (Julia, Cafe Latte, Teddy Bear, Black Tea), Christmas Rose,
Cherry Blossoms, American Blue
Bugs(虫), Small closed rooms (狭い空間)